おすすめ

定番レトルト食品のとっておきの楽しみ方をご紹介!スタッフおススメの簡単アレンジで夏を満喫♪

taiwan_arrange_2.jpg

夏にぴったり!nakato 麻布十番シリーズを使ったアレンジレシピ3選

レストランの味わいがご家庭で簡単に楽しめる麻布十番シリーズ。定番のレトルトカレーやパスタソースを夏向けにアレンジして、さっぱりと楽しむのも良いですよね。
『麻布十番シリーズ』を使ってスタッフが考案した、時短とは思えない本格的な味わいのレシピをご紹介します!

お子様と一緒にできる火を使わないレシピもあるので、夏休みのランチとしてもおススメ!
ぜひ最後までご覧ください♪

①ソースを冷やしてかけるだけ!「瀬戸田産レモンのソース」を使った洋風そうめん

食欲のない夏に最適なそうめんを、冷製パスタ用ソースでもっと美味しく召し上がれます!
細めの麺によく絡むソースなので、家にカッペリーニがないという方はそうめんで代用するのがおすすめ。


【材料】
瀬戸田産レモンのソース 1袋
そうめん        2束

【作り方】
※あらかじめソースを冷蔵庫でよく冷やしてからお召し上がりください。
1.そうめんは袋の表示通りゆでて、流水で洗いながら冷やして水気をよくきる。
2.ソースを絡める。


【瀬戸田産レモンのソース ジュレ仕立て】
レモンの生産で有名な広島県瀬戸田町で育ったレモンを使用し、さわやかに仕上げたソース。
瀬戸田産レモンのさわやかな酸味と、因島産八朔のほのかな甘みを活かし、白身魚のブイヨンとディルで香り良く仕上げたジュレ状の冷製パスタ用ソースです。

②五香粉の香りが食欲をそそる「台湾風ドライカレー」を使ったジャージャー麺

五香粉を効かせた台湾風のドライカレーを中華麺とあわせた簡単レシピ!
スパイシーな香りが中華麺との相性ばっちり。
冷たい麺でも美味しく召し上がって いただけるので、暑い日におすすめです。


【材料】
台湾風ドライカレー 1袋
中華麺       1人前
きゅうり      1/3本
卵黄        1個

【作り方】
1.中華麺は袋の表示通りゆでて、流水で洗いながら冷やして水気をよくきる。
2.台湾風ドライカレーを麺にかける。
3.千切りにしたきゅうりと卵黄を添える。
※カレーは温めてもおいしく召し上がれます。
☆お好みで白髪ねぎを添えれば彩りアップ!
☆麺は、ごま油を和えるとくっつかずに香り良くいただけます。

【五香粉香る 台湾風ドライカレー】五香粉を効かせた、台湾風のドライカレーです。豚挽き肉とたけのこの具材感、口いっぱいに広がるスパイス感をお楽しみください。

③火を使わない簡単レシピ!「Chef's Sauce (シェフズソース)カスレ用ソース」を使ったタコライス

ハーブやスパイスが効いた深みのあるソースは、ごはんに良く合います。
お肉の旨みを含んだほくほく食感のいんげん豆がたっぷり入っていて、食べごたえのある一皿に。
辛いのがお好みの場合は、ハリッサ(アリッサ)やタバスコを加えても♪


【材料】
カスレ用ソース 1袋
ごはん     200g
トマト(中)  1個
レタス     適量
チーズ     適量

【作り方】
1.レタスを食べやすい大きさにちぎる。トマトは角切りにする。
2.器に、ごはん、レタス、トマト、チーズを盛り付け、カスレ用ソースをかける。
☆チーズは最後に散らしてもOK!

Chef's Sauce【ソーセージでつくる カスレ用ソース】
カスレとは白いんげん豆とお肉がたっぷり入ったフランス南西部の煮込み料理です。
白いんげん豆を、ハーブやスパイスを効かせたソースでじっくり煮込んだカスレ用ソースです。

夏はタコライス、秋冬は煮込み料理にと万能に使えます。


今年は特に暑くなりそうな夏休み。レトルトを使った「カンタン調理」で夏を乗り切りましょう!
どの商品も「3個で10%OFF、6個で15%OFFのよりどりお得商品」の対象です。
通販だけのとってもお得なこの機会に、試してみてはいかがでしょうか。